• 5G対応スマホの「China Telecom Maimang 10 5G」とは?

    Posted on 4月 21st, 2022 admin No comments

    “スマートフォンは日常生活でなくてはならないものとなり、主流になっていた4Gスマホから5Gスマホに移行しつつあります。
    その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく海外でも多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「China Telecom Maimang 10 5G」という5Gスマホがあり、コントラストがはっきりとした美しい写真が撮影できる高性能カメラやより広い画面で動画視聴を楽しむこともできる高精細大型ディスプレイ、コストパフォーマンスの高さを実現した高性能CPUや長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約41000円になっています。
    この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約160ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約179gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
    ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは40Wの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
    CPUはMediaTek Dimensity 720 MT6853V 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
    カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4000万画素+広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
    また、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、スーパーナイトモード、スローモーション撮影、電子式手ぶれ補正、HDR、ハイブリッド光学ズーム、パノラマモードなどの機能がついています。
    こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11で顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

  • ローカル5Gの活用の可能性と課題とは?

    Posted on 11月 19th, 2021 admin No comments

    “2020年に商用サービスがスタートした、第5世代のモバイル通信規格である5G。5Gはスマートフォンなど従来のコミュニケーション用途だけではなく、さらなる大きな可能性を秘めています。特に5Gは企業ビジネスでの活用に期待されています。ここでは企業ビジネスにおける5Gの活用についてまとめてみましょう。
    【企業の5G活用で注目されるローカル5G】
    5Gは最大で20Gbpsもの通信速度を実現する高速大容量通信です。それだけではなく、ネットワークの遅延が1ミリ秒以下という超低遅延や、1㎢内で100万個のデバイスを同時にネットワークに接続できる多数同時接続などの特徴があります。
    企業の5G活用が期待されているわけですが、その中で特に注目されているのが「ローカル5G」です。これは大手キャリアの携帯電話会社が全国に敷設するパブリック5Gとは違って、限られた特定の場所だけで利用できる5Gネットワークを独自に構築・運用できる自営の無線ネットワークの一種になります。ローカル5Gに参入する企業は急増しており、NTT東日本、オプテージなどの通信事業者、富士通やNECなどの通信機器ベンター、京セラ、SHARPなどの端末メーカーなど、幅広い分野の企業が参入しています。
    【ローカル5G活用の可能性】
    ではローカル5Gは、どのような活用が期待されているのでしょうか?ここではローカル5G活用の可能性についてまとめてみましょう。
    <スマート工場への活用>
    スマート工場とはIoTやAIを導入した工場のこと。スマートファクトリーとも呼ばれるスマート工場では、様々な機器とインターネットをつなげて生産性を高めるため、ネットワーク通信が必須です。ローカル5Gを使用することで、通信速度は格段に速くなり、リアルタイムでのやり取りが可能になるでしょう。その結果として、生産性の向上につながります。
    <映像配信>
    ローカル5Gは多数のユーザーと同時接続が可能です。また高速・遅延が少ないという特徴もあります。そのため、スポーツ、音楽、スタジアムなどでのリアルタイムの映像配信に活用が期待されています。
    <VR・AR>
    VRやARなどの技術は、テーマパークや観光施設などで広く活用されています。このVR・ARなどの技術にもローカル5Gは利用できるのです。VRアトラクションへの活用によって、実体験に近いリアルな体験を提供できるようになります。
    <遠隔操作・監視>
    ローカル5Gは、基地局がない場所でも通信ができます。災害時に人が行くには危険な場所、作業ができない場所などでも、機械をローカル5Gの通信でつなぐことで遠隔操作ができるでしょう。また、建築現場での遠隔施工、河川の遠隔監視などの活用にもローカル5Gは期待されています。
    【ローカル5Gの課題とは?】
    ローカル5Gは大きな期待がされていますが、その一方で課題もあります。特に大きな課題となっているのが、ネットワークを構築するための通信機器設備が高額であるということです。企業が構築するローカル5Gのネットワークは、携帯電話会社が構築するパブリック5Gネットワークと比べると小規模になります。しかし5Gネットワーク構築に必要な機器は、携帯電話会社を対象としたものがほとんどです。そのため、ローカル5G向けには、オーバースペックであり、高額な機器がほとんど。ニーズにマッチした機器が少ないという実情があります。
    そのため、ローカル5Gの利用を今後さらに拡大するためには、ローカル5Gの規模にあった、小規模&低価格な機器の開発・提供が求められています。そのような声を受けて、ローカル5Gに合った機器、ソリューションの開発、調達に力を入れている企業が増えています。

  • 5G対応スマホの「Xiaomi Mi 10S」とは?

    Posted on 7月 23rd, 2021 admin No comments

    “5Gに対応しているスマートフォンは連携させた家電などを操作することができますし、4Kや8K動画などをストレスなく楽しむことができます。
    その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「Xiaomi Mi 10S」という5Gスマホがあり、カメラの撮影が苦手な人でも幅広いシーンで簡単にキレイな写真が撮れる高性能カメラや大部分のゲームもストレスなしでプレイできる高性能CPU、極細ベゼルのワイドな液晶で画面がより広く見える高精細大型ディスプレイや1日しっかり使える大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
    価格はRAM8GB/128GBモデルが約56000円でRAM8GB/256GBモデルが約59000円でRAM12GB/256GBモデルが約64000円になっています。
    この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約208gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
    ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度2340×1080でアスペクト比19.5:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電や30Wのワイヤレス充電、10Wのワイヤレス給電に対応している4780mAh大容量バッテリーが搭載されています。
    CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
    カメラはF値1.6の明るいレンズがついた約10800万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約2000万画素のインカメラが搭載されています。
    こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MIUI 12)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

  • 5G対応スマホの「OPPO A55」とは?

    Posted on 5月 18th, 2021 admin No comments

    “高速大容量通信や超低遅延、同時多接続などの特徴が5Gスマートフォンにはあります。
    ですので、ダウンロードやタイムラグでイライラしていた4Gスマホから5Gスマホに買い替える人が増えているのです。
    その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内のキャリアだけではなく海外の機器メーカーからも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「OPPO A55」という5Gスマホがあり、コントラストと発色に優れている高精細大型ディスプレイや長時間の外出でも安心して使用できる大容量バッテリー、美しい写真が撮れる高性能カメラやサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約26000円になっています。
    この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約186gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルーとブラックの2色が用意されています。
    ディスプレイは解像度1600×720でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは10Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
    CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
    カメラはF値2.2の明るいレンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
    また、パノラマモード、プロモード、フォトタイマー、レベリング、バーストモード、顔認識、HDR 、歪み補正、ナイトビジョンモード、マクロ撮影、背景をぼかし、ポートレートモード、HDR、LEDフラッシュ、スローモーション動画などの機能がついています。
    こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Color OS 11.1)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで冷却システムがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

  • 5G対応スマホの「TCL 20 5G」とは?

    Posted on 3月 28th, 2021 admin No comments

    “5Gには様々な優れた機能がありますし、どのような場面でも快適に楽しめるということもあって、多くの人や様々なシーンで注目されています。
    その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内の大手キャリアだけではなく海外の機器メーカーからも発売されていますが、その中の一つに「TCL 20 5G」という5Gスマホがあり、大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイや3Dゲームでもサクサク動く高性能CPU、残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーや誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約38000円になっています。
    この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約166ミリ、厚さ約9.1ミリ、重さ約206gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルーとグレーの2色が用意されています。
    ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
    CPUはSnapdragon 690 5G 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
    カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+深度レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
    また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、ハイブリッド光学ズーム、デュアルトーンLEDフラッシュ、電子式手ぶれ補正、HDR、バーストモード、パノラマモード、スーパーナイトモード、スローモーション撮影、ポートレートモード、4K動画撮影などの機能がついています。
    こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(TCL UI)で指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックやステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”5Gスマホが話題ですが、5Gまでの進化についても確認してください。

  • 5G対応スマホの「ZTE Axon 20 Extreme Edition」とは?

    Posted on 3月 18th, 2021 admin No comments

    “5Gスマートフォンの特徴は高速大容量通信に加えてデータ通信中に遅延が起こりにくくなるということもあります。
    それに5Gは様々なデバイスをインターネットに接続させることができますので様々な分野で生かすことができます。
    その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「ZTE Axon 20 Extreme Edition」という5Gスマホがあり、負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUや長時間の外出でも安心して使用できる大容量バッテリー、大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイや薄暗いところでも美しい写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約56000円になっています。
    この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約172ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約198gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはゴールドのみとなっています。
    ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2460×1080でアスペクト比20.5:9の約6.9インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している4220mAh大容量バッテリーが搭載されています。
    CPUはSnapdragon 765G SM7250-AB 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大2TBまで増設することができます。
    カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
    また、レーザーオートフォーカス、光学式手ぶれ補正、LEDフラッシュ、スーパーナイトモード、ポートレートモード、ハイブリッド光学ズーム、パノラマモードなどの機能がついています。
    こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(MiFavor 10.5)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックやハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

  • 5G対応スマホの「vivo S7e」とは?

    Posted on 2月 27th, 2021 admin No comments

    “多数のデバイスへ同時接続することができ、解像度が高い動画やゲームなどでも快適に楽しめるのが5Gに対応しているスマートフォンです。
    その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく海外でも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「vivo S7e」という5Gスマホがあり、持ち歩きやすくて扱いやすい軽量コンパクトボディに迫力ある映像で楽しめる高精細大型ディスプレイ、長時間の外出でも安心して使用できる大容量バッテリーや高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
    この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約7.7ミリ、重さ約171gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはパープル、シルバー、ブラックの3色が用意されています。
    ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4100mAh大容量バッテリーが搭載されています。
    CPUはMediaTek Dimensity 720 MT6853V 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
    カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
    また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、デュアルトーンLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス、スローモーション撮影、ポートレートモード、パノラマモード、ビューティーモード、光学式手ぶれ補正、ハイブリッド光学ズーム、4K動画撮影などの機能がついています。
    こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Funtouch OS 10.5)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで冷却システムやイヤホンジャック、デュアルステレオスピーカーや防水・防塵機能がついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

  • 5G対応スマホの「vivo iQOO 5 Pro」とは?

    Posted on 2月 20th, 2021 admin No comments

    “4Gを高速化させて新たな次世代の移動通信システムとなったのが5Gで、lot時代のIct基盤になるとされています。
    それに5Gの特徴である低遅延はタイムラグを気にすることなくスマートフォンを楽しむことができます。
    その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「vivo iQOO 5 Pro」という5Gスマホがあり、誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラや安心して使用できる大容量バッテリー、大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンで価格はRAM8GB/256GBが約77000円でRAM12GB/256GBが約85000円になっています。
    この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約196gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されています。
    ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度1080でアスペクト比19.8:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは120Wの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
    CPUはSnapdragon 865 SM8250 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約1300万画素+望遠レンズがついた約800万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
    また、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、光学式手ぶれ補正、HDR、スーパーナイトモード、ポートレートモード、スローモーション撮影、4K動画撮影などの機能がついています。
    こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(QOO UI 1.5)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

  • 5G対応スマホの「Google Pixel 4a」とは?

    Posted on 11月 14th, 2020 admin No comments

    “5Gスマートフォンはアプリケーションなどのダウンロードが高速でできますのでイライラすることなくスマートフォンを快適に楽しむことができます。
    その5Gに対応しているスマートフォンは多くのメーカーから次々と新しい機種が発売されていますが、その中の一つに「Google Pixel 4a」という5Gスマホがあり、高性能デュアルカメラや長時間の外でも安心して使用できる大容量バッテリー、どんな映像でも美しく映し出す高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約6万円になっています。
    この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約153ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約168gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはジャストブラックのみとなっています。
    ディスプレイは解像度2340×1080でアスペクト比19.5:9の約6.2インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している3885mAh大容量バッテリーが搭載されています。
    また、リフレッシュレートが120Hzに対応していますのでゲームなどでも快適に楽しむことができるでしょう。
    CPUはSnapdragon 765G SM7250-AB 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
    カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約1220万画素+超広角レンズがついた約1600万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
    また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、ポートレートライト、ウルトラワイドレンズ、電子式手ぶれ補正、シネマティック撮影、スーパーナイトモード、HDR、光学式手ぶれ補正、ビューティーAI、パノラマモード、4K動画撮影などの機能がついています。
    こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11で背面指紋認証センサーやイヤホンジャックがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーがついてハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-C 3.1 Gen 1になっています。”

  • 5G対応スマホの「realme V3 5G」とは?

    Posted on 11月 8th, 2020 admin No comments

    “5Gスマホのメリットは高速通信を利用したアプリなどのダウンロードができるようになることです。
    ですので、高解像度のグラフィックを採用したゲームでもスムーズにダウンロードして楽しむことができます。
    この5Gに対応しているスマートフォンが普及したこともあって数多くの機種が発売されるようになりましたが、その中の一つに「realme V3 5G」という5Gスマホがあり、安心して使用できる大容量バッテリーや高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで、価格はRAM6GB/64GBモデルが約16000円でRAM6GB/128GBモデルが約22000円でRAM8GB/128GBモデルが約25000円になっています。
    この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約189gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルーとシルバーの2色が用意されています。
    ディスプレイは解像度1600×720でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
    CPUはMediaTek Dimensity 720 MT6853 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは64GBモデルと128GBがあってmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
    カメラはF値2.2の明るいレンズがついた約1300万画素+ポートレート撮影ができる約200万画素+マクロ撮影が可能な約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
    また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、LEDフラッシュ、電子式手ぶれ補正、HDR、ポートレート撮影、光学式手ぶれ補正、ナイトモードなどの機能がついています。
    こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(realme UI)で背面指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”