Smartにスマホォ~! http://www.rpgwebdesign.com Thu, 22 Jul 2021 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 5G対応スマホの「Xiaomi Mi 10S」とは? http://www.rpgwebdesign.com/2021/07/23/diary-20210723/ http://www.rpgwebdesign.com/2021/07/23/diary-20210723/#comments Thu, 22 Jul 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/rpgwebdesign-com/2021/07/23/diary-20210723/ “5Gに対応しているスマートフォンは連携させた家電などを操作することができますし、4Kや8K動画などをストレスなく楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「Xiaomi Mi 10S」という5Gスマホがあり、カメラの撮影が苦手な人でも幅広いシーンで簡単にキレイな写真が撮れる高性能カメラや大部分のゲームもストレスなしでプレイできる高性能CPU、極細ベゼルのワイドな液晶で画面がより広く見える高精細大型ディスプレイや1日しっかり使える大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約56000円でRAM8GB/256GBモデルが約59000円でRAM12GB/256GBモデルが約64000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約208gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度2340×1080でアスペクト比19.5:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電や30Wのワイヤレス充電、10Wのワイヤレス給電に対応している4780mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.6の明るいレンズがついた約10800万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約2000万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MIUI 12)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.rpgwebdesign.com/2021/07/23/diary-20210723/feed/ 0
5G対応スマホの「OPPO A55」とは? http://www.rpgwebdesign.com/2021/05/18/diary-20210518/ http://www.rpgwebdesign.com/2021/05/18/diary-20210518/#comments Mon, 17 May 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/rpgwebdesign-com/2021/05/18/diary-20210518/ “高速大容量通信や超低遅延、同時多接続などの特徴が5Gスマートフォンにはあります。
ですので、ダウンロードやタイムラグでイライラしていた4Gスマホから5Gスマホに買い替える人が増えているのです。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内のキャリアだけではなく海外の機器メーカーからも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「OPPO A55」という5Gスマホがあり、コントラストと発色に優れている高精細大型ディスプレイや長時間の外出でも安心して使用できる大容量バッテリー、美しい写真が撮れる高性能カメラやサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約26000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約186gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度1600×720でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは10Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
カメラはF値2.2の明るいレンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、パノラマモード、プロモード、フォトタイマー、レベリング、バーストモード、顔認識、HDR 、歪み補正、ナイトビジョンモード、マクロ撮影、背景をぼかし、ポートレートモード、HDR、LEDフラッシュ、スローモーション動画などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Color OS 11.1)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで冷却システムがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.rpgwebdesign.com/2021/05/18/diary-20210518/feed/ 0
5G対応スマホの「TCL 20 5G」とは? http://www.rpgwebdesign.com/2021/03/28/diary-20210328/ http://www.rpgwebdesign.com/2021/03/28/diary-20210328/#comments Sat, 27 Mar 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/rpgwebdesign-com/2021/03/28/diary-20210328/ “5Gには様々な優れた機能がありますし、どのような場面でも快適に楽しめるということもあって、多くの人や様々なシーンで注目されています。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内の大手キャリアだけではなく海外の機器メーカーからも発売されていますが、その中の一つに「TCL 20 5G」という5Gスマホがあり、大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイや3Dゲームでもサクサク動く高性能CPU、残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーや誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約38000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約166ミリ、厚さ約9.1ミリ、重さ約206gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルーとグレーの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 690 5G 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+深度レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、ハイブリッド光学ズーム、デュアルトーンLEDフラッシュ、電子式手ぶれ補正、HDR、バーストモード、パノラマモード、スーパーナイトモード、スローモーション撮影、ポートレートモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(TCL UI)で指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックやステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”5Gスマホが話題ですが、5Gまでの進化についても確認してください。

]]>
http://www.rpgwebdesign.com/2021/03/28/diary-20210328/feed/ 0
5G対応スマホの「ZTE Axon 20 Extreme Edition」とは? http://www.rpgwebdesign.com/2021/03/18/diary-20210318/ http://www.rpgwebdesign.com/2021/03/18/diary-20210318/#comments Wed, 17 Mar 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/rpgwebdesign-com/2021/03/18/diary-20210318/ “5Gスマートフォンの特徴は高速大容量通信に加えてデータ通信中に遅延が起こりにくくなるということもあります。
それに5Gは様々なデバイスをインターネットに接続させることができますので様々な分野で生かすことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「ZTE Axon 20 Extreme Edition」という5Gスマホがあり、負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUや長時間の外出でも安心して使用できる大容量バッテリー、大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイや薄暗いところでも美しい写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約56000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約172ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約198gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはゴールドのみとなっています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2460×1080でアスペクト比20.5:9の約6.9インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している4220mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 765G SM7250-AB 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大2TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、レーザーオートフォーカス、光学式手ぶれ補正、LEDフラッシュ、スーパーナイトモード、ポートレートモード、ハイブリッド光学ズーム、パノラマモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(MiFavor 10.5)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックやハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.rpgwebdesign.com/2021/03/18/diary-20210318/feed/ 0
5G対応スマホの「vivo S7e」とは? http://www.rpgwebdesign.com/2021/02/27/diary-20210227/ http://www.rpgwebdesign.com/2021/02/27/diary-20210227/#comments Fri, 26 Feb 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/rpgwebdesign-com/2021/02/27/diary-20210227/ “多数のデバイスへ同時接続することができ、解像度が高い動画やゲームなどでも快適に楽しめるのが5Gに対応しているスマートフォンです。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく海外でも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「vivo S7e」という5Gスマホがあり、持ち歩きやすくて扱いやすい軽量コンパクトボディに迫力ある映像で楽しめる高精細大型ディスプレイ、長時間の外出でも安心して使用できる大容量バッテリーや高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約7.7ミリ、重さ約171gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはパープル、シルバー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4100mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 720 MT6853V 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、デュアルトーンLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス、スローモーション撮影、ポートレートモード、パノラマモード、ビューティーモード、光学式手ぶれ補正、ハイブリッド光学ズーム、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Funtouch OS 10.5)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで冷却システムやイヤホンジャック、デュアルステレオスピーカーや防水・防塵機能がついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.rpgwebdesign.com/2021/02/27/diary-20210227/feed/ 0
5G対応スマホの「vivo iQOO 5 Pro」とは? http://www.rpgwebdesign.com/2021/02/20/diary-20210220/ http://www.rpgwebdesign.com/2021/02/20/diary-20210220/#comments Fri, 19 Feb 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/rpgwebdesign-com/2021/02/20/diary-20210220/ “4Gを高速化させて新たな次世代の移動通信システムとなったのが5Gで、lot時代のIct基盤になるとされています。
それに5Gの特徴である低遅延はタイムラグを気にすることなくスマートフォンを楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「vivo iQOO 5 Pro」という5Gスマホがあり、誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラや安心して使用できる大容量バッテリー、大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンで価格はRAM8GB/256GBが約77000円でRAM12GB/256GBが約85000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約196gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度1080でアスペクト比19.8:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは120Wの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 865 SM8250 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約1300万画素+望遠レンズがついた約800万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、光学式手ぶれ補正、HDR、スーパーナイトモード、ポートレートモード、スローモーション撮影、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(QOO UI 1.5)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.rpgwebdesign.com/2021/02/20/diary-20210220/feed/ 0
5G対応スマホの「Google Pixel 4a」とは? http://www.rpgwebdesign.com/2020/11/14/diary-20201114/ http://www.rpgwebdesign.com/2020/11/14/diary-20201114/#comments Fri, 13 Nov 2020 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/rpgwebdesign-com/2020/11/14/diary-20201114/ “5Gスマートフォンはアプリケーションなどのダウンロードが高速でできますのでイライラすることなくスマートフォンを快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くのメーカーから次々と新しい機種が発売されていますが、その中の一つに「Google Pixel 4a」という5Gスマホがあり、高性能デュアルカメラや長時間の外でも安心して使用できる大容量バッテリー、どんな映像でも美しく映し出す高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約6万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約153ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約168gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはジャストブラックのみとなっています。
ディスプレイは解像度2340×1080でアスペクト比19.5:9の約6.2インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している3885mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、リフレッシュレートが120Hzに対応していますのでゲームなどでも快適に楽しむことができるでしょう。
CPUはSnapdragon 765G SM7250-AB 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約1220万画素+超広角レンズがついた約1600万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、ポートレートライト、ウルトラワイドレンズ、電子式手ぶれ補正、シネマティック撮影、スーパーナイトモード、HDR、光学式手ぶれ補正、ビューティーAI、パノラマモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11で背面指紋認証センサーやイヤホンジャックがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーがついてハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-C 3.1 Gen 1になっています。”

]]>
http://www.rpgwebdesign.com/2020/11/14/diary-20201114/feed/ 0
5G対応スマホの「realme V3 5G」とは? http://www.rpgwebdesign.com/2020/11/08/diary-20201108/ http://www.rpgwebdesign.com/2020/11/08/diary-20201108/#comments Sat, 07 Nov 2020 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/rpgwebdesign-com/2020/11/08/diary-20201108/ “5Gスマホのメリットは高速通信を利用したアプリなどのダウンロードができるようになることです。
ですので、高解像度のグラフィックを採用したゲームでもスムーズにダウンロードして楽しむことができます。
この5Gに対応しているスマートフォンが普及したこともあって数多くの機種が発売されるようになりましたが、その中の一つに「realme V3 5G」という5Gスマホがあり、安心して使用できる大容量バッテリーや高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで、価格はRAM6GB/64GBモデルが約16000円でRAM6GB/128GBモデルが約22000円でRAM8GB/128GBモデルが約25000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約189gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルーとシルバーの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度1600×720でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 720 MT6853 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは64GBモデルと128GBがあってmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
カメラはF値2.2の明るいレンズがついた約1300万画素+ポートレート撮影ができる約200万画素+マクロ撮影が可能な約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、LEDフラッシュ、電子式手ぶれ補正、HDR、ポートレート撮影、光学式手ぶれ補正、ナイトモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(realme UI)で背面指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.rpgwebdesign.com/2020/11/08/diary-20201108/feed/ 0
5Gスマホの「HONOR 30 Pro+」とは? http://www.rpgwebdesign.com/2020/10/04/diary-20201004/ http://www.rpgwebdesign.com/2020/10/04/diary-20201004/#comments Sat, 03 Oct 2020 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/rpgwebdesign-com/2020/10/04/diary-20201004/ “4Gスマホでも十分に満足できますし必要最低限のことができますので使用している人は多くいますが、そうした人の中には信頼性が高くて高速大容量通信を可能にした5Gスマホにかえる人もいます。
その5Gに対応しているスマートフォンは世界各地で多くの機種が販売されていますが、その中の一つに「HONOR 30 Pro+」という5Gスマホがあり、指紋認証センサーがついてセキュリティ対策が万全で大容量バッテリーなども搭載し、ミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約34000円という低価格になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約190gという誰でも持ちやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはシルバー、パープル、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2340×1080でアスペクト比19.5:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは40Wの急速充電と27Wのワイヤレス充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約1600万画素+約800万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約3200万画素+約800万画素のデュアルインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、LEDフラッシュ、手ぶれ補正、スーパーナイトモード、ビューティーAI、ポートレート撮影、パノラマモード、HDR、4K動画撮影などの機能がついています。
CPUはHisilicon Kirin 990 5G 2.86GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Magic UI 3.1.0)で防水機能やイヤホンジャックがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.rpgwebdesign.com/2020/10/04/diary-20201004/feed/ 0
5Gスマホの「Galaxy A71 5G UW」 http://www.rpgwebdesign.com/2020/10/02/diary-20201002/ http://www.rpgwebdesign.com/2020/10/02/diary-20201002/#comments Thu, 01 Oct 2020 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/rpgwebdesign-com/2020/10/02/diary-20201002/ “現行の通信規格である4Gは快適にスマートフォンを楽しむことができますが、高速大容量通信や低遅延などの特徴がある5Gスマホはもっと快適に楽しむことができます。
また、移動通信機器が増え続けていますので同時接続において通信障害が出てしまうこともありましたが、5Gスマホであれば同時多接続という特徴がありますので安心して使用することができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くのメーカーから発売されていますが、その中の一つに「Galaxy A71 5G UW」という5Gスマホがあり、高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約7万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約185gといった誰でも扱いやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは25Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはスナップドラゴン765GオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約1200万画素+深度レンズがついた約500万画素+マクロ撮影が可能な約500万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、電子式手ぶれ補正、オートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、ハイブリッド光学ズーム、光学式手ぶれ補正、パノラマモード、ナイトモード、4K動画撮影などの機能がついています。
このような5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10 (One UI 2.0)でイヤホンジャックやステレオスピーカーが搭載されており、デュアルSIMデュアルスタンバイで顔認証センサーやディスプレイ内指紋認証センサーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.rpgwebdesign.com/2020/10/02/diary-20201002/feed/ 0