• “①iPhoneX間もなく発売!発売前に情報をチェック “

    Posted on 2月 15th, 2018 admin No comments

    2007年に初代iPhoneが発売されてから、今年で10年。
    スマートフォン業界を引っ張り続けたAppleが、
    今年最新機種のiPhoneXを発表しました!
    さて一体どのような特徴を持っているのでしょうか?
    ◾️上から下まで!全画面ディスプレイ!
    今までのiPhoneは上下がカットされたディスプレイでしたが、iPhoneXは驚きの全画面!
    このおかげで、ボディはコンパクトなのに迫力のある画面を楽しむことができます。
    ◾️ホームボタンは?認証はどうするの??
    ここで気になるのがホームボタンですが、なんとAppleは思い切って廃止しちゃいました。
    これまで搭載していた指紋認証機能から、なんと顔認証「FaceID」へと進化したのです。
    ◾️ポートレートライティングで誰でもカメラマンに
    なんと今までのポートレートモードに、照明のコントロール機能をプラスしたのです。
    スタジオで撮影したような、綺麗なライディングの写真がiPhoneで撮れちゃうなんて驚きです!
    インカメラにも搭載されているので、自撮りまでも美しく。
    さて、今回も驚きの進化を見せてくれたAppleの最新機種iPhoneX。

  • 「Desire 825」のスペック

    Posted on 1月 31st, 2018 admin No comments

    ドット柄が入って樹脂製を採用しているボディが特徴となっており、高精細ディスプレイや大容量バッテリーを搭載しているスマホが「Desire 825」です。
    このスマホのスペックは本体サイズは幅約76ミリ、高さ約156ミリ、厚さ約7.4ミリ、重さ約155gになっており、カラーバリエーションはギャラクシーグレー、ギャラクシーホワイト、グレー、ホワイトなどが用意されています。
    ディスプレイは発色に優れた約5.5インチS-LCD液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは2,700mAh大容量バッテリーを搭載しています。
    CPUはクアルコムのスナップドラゴン400クアッドコア1.6GHzを搭載していてRAMが2GBになっています。
    カメラは明るいレンズを採用した約1,300万画素のメインカメラと音声操作でシャッターがきれる約500万画素のインカメラが搭載されています。
    また、顔認識やデュアルLEDフラッシュライト、オートフォーカスやタッチフォーカスなどの様々な機能が付いています。
    ストレージは16GBで200GBまで増やすことができます。

  • 「Nextbit Robin」のスペック

    Posted on 1月 25th, 2018 admin No comments

    撮影した写真やあまり使用しないアプリを自動的にクラウドへアップでき、オンラインストレージを利用することによって容量不足を解消できる便利なスマホが「Nextbit Robin」です。
    このスマホのスペックは本体サイズは幅約72ミリ、高さ約149ミリ、厚さ約7ミリ、重さ約150gという薄型軽量コンパクトボディとなっており、カラーバリエーションはブラックとシルバーが用意されています。
    ディスプレイは約5.2インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは超急速充電規格に対応している取り外し不可能な2,680mAh大容量バッテリーを搭載しています。
    CPUはクアルコムのスナップドラゴン808クアッドコア2.0GHzを搭載していてRAMは3GBになっています。
    ストレージは基本的に32GBですが、オンラインストレージを利用することによって100GBまで使用することができます。
    カメラは位相差オートフォーカス対応センサーを採用した約1,300万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されています。http://www.galaxymobile.jp/discover/hint/smartphone-charge/

  • 相次ぐ新製品投入でノキアの存在感が高まってきた

    Posted on 1月 18th, 2018 admin No comments

    10月中旬にHDM GlobalはNokiaブランドのスマートフォン「Nokia 7」を中国で発売しました。Nokia 7はSnapdragon 630に1600万画素カメラを搭載したミッド・ハイレンジクラスの製品です。カメラはNokia 8に続きカールツアイスレンズを採用したカメラフォンでもあります。1600万画素の解像度は新型Nokiaシリーズの中の最高画質で、1300万画素のトリプルカメラ(リア×2、フロント×1)を搭載したNokia 8と甲乙つけがたいカメラ性能を誇っているのです。2017年1月にNokiaブランドのスマートフォンが市場に再参入してからまもなく1年となりますが、この間に気が付けばラインナップはしっかりと拡充されてきました。フィーチャーフォン&Symbianスマートフォン時代のNokiaは製品区分は性能よりもターゲットユーザー別にラインナップを整理していて、「7」はファッション、「8」はプレミアムと、性能以外の部分で差別化した製品も出していたのです。

  • アップルが小型スマホ「iPhone SE」の新モデル、来年発売の噂

    Posted on 1月 12th, 2018 admin No comments

    iPhone Xの製造の遅れが解消されつつある中で、アップルファンから次の注目を集めているのが、2016年の「iPhone SE」の後継機種と呼ぶべき新モデルです。小さめの筐体にiPhone 6Sに匹敵するパワーをつめこんだiPhone SEは幅広い支持を獲得しました。2年前にiPhone SEを入手した人々は今、新たな端末への乗り換えを検討中です。思い切って1000ドルの大金を投じてiPhone Xを買う人もいるでしょう。それよりむしろ新品のiPhone 6Sで我慢しようという人もいるかもしれません。しかし、大半の人々は今の端末と似た新しいモデルを欲しがっているはずです。一部メディアはこの新端末を「iPhone SE 2」と呼び、そのリーク情報を伝えています。報道によるとiPhone SE 2は台湾のメーカーWistronのインド工場で生産されるということです。アップルにとってインドは、今後の低価格帯モデル向けの重要な市場なのです。iPhone SE 2は現状のiPhone 8シリーズのようなハイエンドモデルとは別の位置づけになり、高価なFace ID機能は搭載されないようです。

  • いけてるデザインとバッテリーの満足感。Essential Phoneレビュー

    Posted on 12月 28th, 2017 admin No comments

    今のスマホデザインのダメなところを正すスマホで、チタン&セラミック採用で、プラスチックカバーをつけなくても毎日のヘビーユースに耐えるデザインとなっています。Android開発者アンディ・ルービンの一派が今月立ち上げた「Essential」プロダクツの先発製品は前評判上々でしたが、実際手にとってみた感想は…期待したほどでもない印象…かもしれません。唯一のいいニュースは電池もちの良さです。3040 mAhで5.7インチのディスプレイを長時間使用するのは厳しいんじゃないかと心配でしたが、バッテリー消費の無駄のなさにはかなり優れています。測ってみたところ9時間39分もちこたえ、Galaxy S8の9時間12分より30分ちかく長いです。駆動しているチップはQualcomm Snapdragon 835で、RAMは4GB、ストレージ128GB、もうサックサクです。Google本流のAndroid 7.1なので、余計なアプリが一切ないのもいいですね。同社の話では、Android 8.0 Oreoへの対応もまもなくらしいです。それが本当なら、どのAndroidの携帯メーカーよりも早いことになります。

  • セルラー機能搭載で楽しくなった「Apple Watch Series 3」

    Posted on 12月 27th, 2017 admin No comments

    9月13日に米クパチーノで催されたSpecial Eventで発表され、国内でも9月22日からiPhone 8/8 Plusと同時に発売された「Apple Watch Series 3」です。セルラー機能搭載で楽しくなった「Apple Watch Series 3」 アップル「Apple Watch Series 3/GPS+Cellularモデル」アルミニウム/42mm、カラーはスペースグレイアルミニウム、シルバーアルミニウム、ゴールドアルミニウムの3色です。この他に、ステンレスケース、セラミックケースもラインアップしています。2015年発売の初代モデルから数えて、その名の通り、三代目となるモデルだが、今回はLTEによる通信及び通話機能をサポートしたモデルをラインアップするなど、大きく内容が変更されているのです。この10年のスマートフォンの流れを受け、ここ数年、ウェアラブルデバイスやスマートウォッチと呼ばれるジャンルの製品が注目を集めてきました。なかでも腕に装着する『時計型デバイス』は、既存の腕時計を置き換えることになるのかといった視点でも話題になってきたのです。

  • 「Qua phone PX 」のスペック

    Posted on 12月 13th, 2017 admin No comments

    カメラで撮影するのが苦手という人は「Qua phone PX 」というスマホが良いでしょう。
    カメラまかせで高精細な写真が撮影できますし、難しい逆光シーンでも自動補正してくれます。
    また、カメラは約1,610万画素のメインカメラと約800万画素のサブカメラを搭載しており、うす暗い場所や夜でもお任せで自然な明るさに調整してくれますし、サブカメラにもフラッシュが付いていますので自撮りも高精細で撮影できます。
    このスマホのスペックは本体サイズは幅約73ミリ、高さ約148ミリ、厚さ約7.5ミリ、重さ約127gという軽量コンパクトサイズになっています。
    バッテリーは3,000mAhという大容量バッテリーを搭載していますので安心ですし、急速充電に対応していますので便利です。
    カラーバリエーションはホワイト、ピンク、ネイビーの3色が用意されていますし、スリムでエレガントな見た目がデザイン的特徴です。
    ディスプレイは約5.2インチのIPS液晶を採用していますので大画面で綺麗な映像などを楽しめます。

  • いけてるデザインとバッテリーの満足感。Essential Phoneレビュー

    Posted on 11月 18th, 2017 admin No comments

    今のスマホデザインのダメなところを正すスマホで、チタン&セラミック採用で、プラスチックカバーをつけなくても毎日のヘビーユースに耐えるデザインとなっています。Android開発者アンディ・ルービンの一派が今月立ち上げた「Essential」プロダクツの先発製品は前評判上々でしたが、実際手にとってみた感想は…期待したほどでもない印象…かもしれません。唯一のいいニュースは電池もちの良さです。3040 mAhで5.7インチのディスプレイを長時間使用するのは厳しいんじゃないかと心配でしたが、バッテリー消費の無駄のなさにはかなり優れています。測ってみたところ9時間39分もちこたえ、Galaxy S8の9時間12分より30分ちかく長いです。駆動しているチップはQualcomm Snapdragon 835で、RAMは4GB、ストレージ128GB、もうサックサクです。Google本流のAndroid 7.1なので、余計なアプリが一切ないのもいいですね。同社の話では、Android 8.0 Oreoへの対応もまもなくらしいです。それが本当なら、どのAndroidの携帯メーカーよりも早いことになります。

  • 「HTC 10 HTV32」のスペック

    Posted on 11月 11th, 2017 admin No comments

    高画質な写真が簡単に撮影できるカメラを搭載しているのが「HTC 10 HTV32」というスマホです。
    約1,200万画素のメインカメラと約500万画素のサブカメラを搭載しており、どちらにも光学式手ぶれ補正が付いていますので自然な色合いの写真が撮れます。
    また、サブカメラにはスクリーンフラッシュが付いていますので明るくて綺麗な自撮り写真が撮れます。
    このスマホのスペックはバッテリーが3,000mAhという大容量バッテリーを搭載していますので外出時も安心ですし長時間使用でも電池切れの心配はありません。
    本体サイズは幅約72ミリ、高さ約146ミリ、厚さ約9.2ミリ、重さ約161gになっており、カラーバリエーションはカメリアレッド、カーボングレイ、トパーズゴールドの3色が用意されています。
    ディスプレイは約5.2インチで解像度が2,560×1,440(WQHD)ですので最高画質で満足できるでしょう。
    CPUはクアルコムのMSM8996 2.2GHzデュアルコア+1.6GHzデュアルコアという高性能オタクコアを搭載していますので快適に使用できます。